トップへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一周忌
6/11は、キキの一周忌でした。


この日、ちょっと遅く仕事から帰ってきて、
キキの好きだったお刺身やら和菓子やらを
晩ごはんに食べました。


* * *


あれからもう一年が経ったなんて、
全然信じられないような。

でもそれでいて、キキと暮らしていたのは
遠い遠い、大昔の出来事だったような。



未だにキキがいなくなってしまったという、
その事実の実感が湧かないような。

でもキキを思い出すと、条件反射のように
鼻の奥がツンと熱くなったりとか。



そんな、一言では言い表せない、
複雑な気持ちで一周忌を迎ました。


* * *


キキを失った痛みは、
一年経った今でもどうする事も出来ずにいます。

正直、苦しいです。

自分の中の、キキの形がそのままぽっかりと抜け落ち、
その後が空洞となって、空いた穴の大きさだけ
痛みを感じているような、そんな感じです。


どうしたらこの辛さから逃れられるのか。

思い出さないように、記憶を封印してしまえばいいのか。

写真も何もかも、目の届かないところに
隠してしまえばいいのか。


そう考えたとこもありました。


ただその一方で、
キキの実感を伴う記憶が段々と薄れていってしまう、
そういう怖さも感じていました。


キキの鳴き声って、どんなだったか。

キキを抱いた時の重さって、どれくらいだったか。

キキのおでこに鼻をくっつけた時、どんな匂いがしたのか。

キキの柔らかい手触りって、どんな感触だったのか。

キキのイビキって、どれくらいうるさかったか。


そういったリアルな感触は、
失われて行く一方です。




。。。やっぱり、忘れたくない。

それが痛みを伴うものであっても。

痛みの強さが、自分の中のキキの存在の大きさ
そのものなのだとしたら、
痛みすら大切に守って行きたい。


この頃は、そんな風に考えています。


* * *


梅雨時のじめじめとした日には、
酸素ルームの中で最後の日々を過ごしていた
キキの事を思い出します。

一年前のあの時も、こんな風にちょっと蒸し暑くて、
酸素ルームの中が暑かったりしないかな。。。?
と心配しながら見守っていました。

また来年の今頃は、
やっぱり同じような事を思い出しているのでしょう。



そして、良かった。

この記事を書きながら、涙が止まらなくなりました。

まだまだ、私の中でのキキの存在は、
大きいままでいるみたいです。
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

新年&新人
新しい年になりました。
(ネコ喪中につき新年のお祝いは省略させていただきます。)

というか、半年振りのキキログですね。
みなさんご無沙汰しております。


お正月のキキログ記事、と言うことで、
まさか、また栗きんとんネタか?

。。。と、お思いかもしれませんが、
それはまた別の機会に書くとして。(書くのか!?)



キキがいなくなってから、半年と少しが経ち、
我が家では特にコレといった話題も無いのですが、
ちょっと離れたところでの、ちょっとした変化の話です。



* * *



今から3ヶ月前、実家に住んでいる妹から突然、
「ノラの子ネコを保護した」との連絡が入ったのでした。


急いで視察に赴いた実家で、ちょこんと鎮座していたそれは。。。



<保護直後の子ネコの図>

4-DSCF5337.jpg

2-DSCF5249.jpg



茶トラ白の、美ネコなのでした!




実は、私の実家ではずっと犬を飼っていて、長年「犬派」だったのですが、
私がキキを実家に連れて帰って会わせているうちに、
すっかりネコ好きになってしまったのでした。(特に私の妹が。)


その妹が、親と生き別れになってしまったらしい子ネコを見つけ、
一目ぼれの上でそのままイキオイで保護してしまったとのこと。。。


そんな訳で、この子ネコはキキが救った命、
とか言ったら大げさでしょうか?(笑)



* * *



でもこの子ネコ。

すっごく内弁慶なんです。


このお正月、3ヶ月ぶりに実家に帰ったら、
3ヶ月前に会ったことをもう忘れられてしまったのか、
テーブルの下にもぐって近寄ってこない。。。 Σ(゚д゚|||)

1-IMGP0690.jpg



その一方で、実家のニンゲンにはこの甘えっぷり。

2-IMGP0719.jpg



元々がノラ出身なので、警戒心が強いのかもしれない。

でも、キキのおおらかさ(※)と余りにも対照的で、
私的にはずいぶんと戸惑ってしまいました。


※ 初対面の相手の膝にいきなり乗った、とか、
あるいは動物病院の先生にチューした、とか、
色々な伝説の持ち主でした(笑)


3-IMGP0740.jpg




丸一日掛けてじっくりと距離をつめていき、
ようやくおもちゃで遊んでくれるようになったのですが。。。


4-IMGP0770.jpg



でもまた翌朝には忘れられてしまって、
またゼロから再スタートに。。。彡(-_-;)彡



6-IMGP0797.jpg



待ってろよ、子ネコ。


次に会うときには覚えとけよ!
(違う意味で覚えといてください。。。)


 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

四十九日、そして
今日は、キキの四十九日です。


あれからもう、四十九日です。



あの日から、毎週日曜日は、キキの供養の日となりました。


今日のお供えは、キキの好きだったアンコのお団子です。


DSCF5005.jpg



私がこっそり和菓子を食べていると、
キキがどこからともなく嗅ぎ付けてきて、
腕を強引に引っ張っておねだりをしていたのが、
今でも思い出されます。


スター付き画像






* * *





2006年10月に始まった、キキログ。

6年弱もの間、よくもまあ続けてきました。


DSCF2757.jpg



ここ2~3年は、更新頻度も疎らになってしまいましたし、
去年の春にキキが病気をしてからは、
半分以上は闘病ブログになってしまいましたが。

それでも、小学校に入学した子供が、もうじき卒業しようかと言う、
そんな長い間、キキの記事を書き続けてきたブログでした。


R0010254.jpg



そんなキキログですが、キキの四十九日を迎えて、
一区切りついた今回でおしまいにしようと思います。


長く続けてきたブログを終わりにするのは、
とても寂しいことなのですが、
主人公がいなくなってしまったブログを
いつまでも続けている訳にもいきません。

_IGP2604.jpg




これまで、キキとキキログを愛してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。



キキの事が自分の中で整理がついて、
そしていいパートナーと巡り会えたなら。

そしたら、きっとまた新しいブログを始める事と思います。



その時には、是非、またみなさんとお会いしたいです。



それまで、しばしのお別れです。







2012年7月29日 またの日の再開を祈って にーちん


_IGP2997.jpg
 
 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

キキのキオク
one’s happy homeの弥生さんから、
素敵なものが届きました。


刺繍で描かれた、キキの壁掛けです!



DSCF4988.jpg



刺繍でこんなにリアルなキキを描けるなんて、すごいです。。。


キキ用に買ったデジタルフォトフレームの横に並べて眺めています。



DSCF4996.jpg




弥生さん、本当にありがとうございました!





* * *





キキの旅立ちから、今日で42日目になります。

来週は、四十九日を迎えます。



とても大きなものを失った、という喪失感は依然として強い一方で、
キキが傍らにいた暮らしを、その実感を一生懸命思い出そうとしても、
まるで記憶喪失になったかのように、
その部分だけが白く塗りつぶされてしまったような感じです。


ふと、部屋の中を振り返ってみた時に、
キキがその視界の中に、どんな風に存在していたのか。

あんなに当たり前のようにそこにいたものを、
よく思い出せなくなって来てしまっています。





何だか、寂しいです。




DSCF4638.jpg

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

キキの成長
今日は、キキが我が家に来た日から
オトナになるまでの、成長の記録をまとめてみます。


一部は以前にも記事にした事のある写真ですが、
初公開の貴重な写真もあります。



* * *



キキは、生後ちょうど2ヵ月で我が家にやってきました。

初めは本気でネコを飼うつもりでなく入ったペット屋さんで、
まさに一目惚れしてしまい、
我が家の一員に迎え入れる事になったのでした。




まずは、キキが我が家に来たその日~翌日くらいの写真です。

Scan20001-1.jpg



寝姿もあどけない。。。

Scan2.jpg



あっという間に我が家に慣れて、直ぐにこんなでした。

Scan2-2.jpg



初めて見る、鏡の中の自分にじゃれついたりして(笑)

Scan2-3.jpg





それから半月くらい経って、初めてのお出かけ。

浜辺で遊んでたら、知らない子供に捕まった(笑)

Scan20002-3.jpg



横顔は少し、キキっぽさが出てきた。

Scan20002.jpg



こちらも同じ頃の写真。

早くも肩に乗る事を覚えてしまいました。

Scan20004-1.jpg




こちらはウチに来て、2ヵ月少々経った頃の写真です。

PICT0033.jpg



だいぶ、精悍さが増してきました。

PICT0056.jpg



っていうか、この頃が一番精悍な顔をしていた???

PICT0171.jpg



でもちょっと、あどけなさも残してたり。

PICT0176.jpg





そしてこちらは、1歳半のキキです。

もう、おなじみのキキって感じですね。

MVC00009.jpg




昔はデジカメも無かったので、
あまり写真を撮ったりもしませんでしたが、
今思い返してみると、もっともっと沢山撮っておけば良かった、
とちょっと後悔もしています。



もう、15年近く前の、昔々の話でした。


 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。