FC2ブログ
トップへ
ガラネコ ~いなくなったネコ~

今日は、あるソトネコの話です。


*  *  *  *  *


数年前から、家の近辺をうろつくようになったソトネコがいた。

最初の出会いははっきりと覚えていないが、
夜、帰宅途中にコンビニ袋を提げて歩いていると、
鳴きながら足元にまとわりつくネコに
何度か遭遇した記憶がある。

それがそのネコとの最初の出会いだっただろう。

下は、まだそのネコのことを認識していない頃に、
偶然に写していた写真。
(私のバイクの上で勝手に寛ぐネコ!(笑))

IMGP0060.jpg



そう、顔は決してかわいくはなかったが、
やたらと人懐っこい、物怖じしないネコだった。

私の姿を見ると、まず足に擦り寄ってきて、
そしてなでてあげると「に"ゃあに"ゃあ」と
ダミ声で甘えてくる。

あんまりのダミ声なので、そのネコの事は「ガラネコ」、
あるいは「ガラ」、と勝手に呼んでいた。



何度か相手をしているうちに、ガラの方としても、
次第にこちらのことを認識するようになったのだろう。

我が家の玄関の前で見かけることが多くなってきた。


出かけようと玄関を開けると、ガラが待機。(笑)

IMGP0216.jpg



「・・・出かけるのかぁ~?」とあくび交じりに挨拶される。

IMGP0218.jpg



階段を降りていく私に別れを告げるガラ。
・・・それは「いってらっしゃい」と言ってるのか?

IMGP0219.jpg



反対に、夜に家に帰ってくると、玄関の前で
待機していることもたまにあり、
「おかえり。」と言う感じで待っていた。

_IGP1013.jpg

おう!ガラ!ただいま!


*  *  *  *  *


そんな人懐っこいネコなので、近所の人たちにも
かわいがられていたようだった。

アパートの廊下に、ネコのえさがパラパラと
置かれているのを見かけたことがあった。


また、近所でガラに遭遇し、チョイチョイと
構っていたときのこと。

「あ~!○○だぁー!」
という声がして、子供たちが数人駆け寄ってくる。

そしてみんなでガラを取り囲み、
一番年長らしい女の子が話しかけてきた。

「おじさん、○○のこと知ってるの?」
「へえ~、このネコ、○○って言うんだ。」
「うん!そうだよ!XXちゃんが名づけたの。」
「そうなんだー。その子の家のネコなの?」
「違う。でもよくご飯あげてるんだよ。」
「そうなんだ。」
「でねでね!・・・・・(以下略)」

私が「ガラ」と呼んでるとは、とても言い出せない。(笑)


*  *  *  *  *


そんなガラを急に見かけなくなったのが、
約半年前のこと。

毎朝家を出た後、道端の車の屋根の上で
日向ぼっこをしているガラに挨拶をするのが
日課となっていたのに、ある日を境にぱったりと
その姿を見ることがなくなった。

愛想のいいネコなので、どこかに貰われていったか・・・

あるいは、ソトネコには厳しい社会のこと。
何か不慮の事故が起きたりしたのか・・・


あれこれ想像してみても、答えは分かるはずもないけど、
でもガラのことだから、きっとどこかで元気に暮らしてるって、
信じてるぞ、ガラ!


IMGP0217.jpg


*  *  *  *  *


以下のランキングに参加中です。
今日はキキの出番はありませんでした。
 
ガラのことはボクも にーちんが匂いをつけて帰ってきたから知ってるなりよ。

スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

新・キキモミ

今日は調子に乗って、GIFアニメ連発です。^^


kikimomi.gif


『キキモミ』はむか~し、記事にしたことがありましたが、
もう一度つくってみました。


*  *  *  *  *


以下のランキングに参加中です。

 昨晩は会社の飲み会でへろへろになり、
記事書いてる途中で落ちてました・・・( ̄▽ ̄;)

またこれから寝ます・・・o( _ _ )o
 
今回のは、 あまり気持ち良さそうじゃないなりね?

テーマ: - ジャンル:ペット