トップへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キキの闘病記 その2
前回に引き続き、キキの闘病記です。


* * *


お医者さんで処方された薬類は、
①肝臓の薬(2種)、②吐き気止め、③栄養剤(2種)
の、計5種類。

お医者さんに言われていたように、
とにかくご飯を食べないでいることは肝臓に良くなく、
肝機能が悪化するとまた食欲を低下させていく、
という悪循環に陥ってしまうので、
なんとか薬+栄養剤を飲んでもらいたい。


ところが、この投薬がまた一苦労で。。。

キキは薬を飲むのは、実は初めて。

一応、お医者さんに聞いてきた薬の飲ませ方
(口をガッと開けて、のどの奥にポイッと薬を投げ込む)
を試みては見るものの、
キキは頑固にも口を開いてはくれない。。。


DSCF3387.jpg

( ↑ この写真は本当は関係ありませんが、イメージです(笑))


幼い頃から薬に慣れていれば簡単だったかも知れないけど、
この年まで全く経験無かったしねえ。。。
(あるいは、キキが頑固過ぎ!?)


仕方ないので、別の方法を。

もらったクリーム状の栄養剤を指にすくって、
その上に薬の欠片をちょんと載せ、
その指をキキの口の中に突っ込む!

この方法、もちろんキキは嫌がりはするけど、
甘い栄養剤の味は好きらしく、何とかそのまま
薬の欠片も一緒に飲み込んでくれた。。。(ホッ)


こうして薬をどうにかこうにか飲んでもらって、
栄養を摂取しているうちに、
肝機能が回復して食欲も出てきたのか、
ごはんも少しずつ食べてくれるようになってきた。



こんな感じで1週間ほど自宅治療をした後、
経過を診てもらいに、お医者さんを訪問した。

そのお医者さんでの診察の結果は。。。

(次回に続く)
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。