トップへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線治療、開始
キキに、腫瘍の再発が見つかってしまいました。


DSCF3865s.jpg



ある程度、その可能性は覚悟していたとは言え、
知らせを聞いた時にはさすがに目の前が暗くなりました。


大学病院での見立てでは、再び外科手術しても
奥の方に入り込んだ腫瘍は取り切る事が出来ず、
結局また大きくなってしまう、とのことで、
放射線治療を行う事にしました。

と言っても、放射線では腫瘍が完全に消えてなくなる訳ではなく、
どれくらい小さくなってくれるか、という効果を期待するもので、
根治を目指すことにはなりません。

キキの、どれくらいの年月になるのか、残りの人生は、
腫瘍とともに生きていくことが宣告されたようなものでした。。。



ですが、それほど落ち込んだり、
絶望したりしている訳ではありません。

キキのここ数ヶ月の間の生活の質は、
去年の10月に外科手術をする前に比べたら、
下顎がない苦労はあるにしても、格段に良い状態にあります。

これは本当に、手術前のキキの酷い状態を思えば、
信じられないくらいです。

この質を維持したまま、出来る限り時間を引き延ばしていくべく、
最善を尽くしていく。。。

どんなネコにも(もちろんヒトにも)、
残り時間というものがあることは変わりがなく、
それを長く、いい状態で過ごせるように、と努める事は、
腫瘍があろうが無かろうが、関係ない訳ですから。


* * *


1/19(木)に、第1回目の放射線治療を行ってきました。

放射線治療は、毎週1回ずつ、計4回を1セットで行い、
その後の効果を見ながら、それを何セットか繰り返す、
という感じで進めていきます。

放射線照射の悪影響と言うのも、今のところは見られません。
(と言っても、まだ1回だけなので何とも言えませんが。)

キキは、元気です。^^
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。