トップへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「2ヵ月」
ここ1週間ほど、あまり芳しくない状況が続いています。



腫瘍は、顎の下だけでなく、喉の奥にも発見されました。
外からも、首筋が盛り上がってるのが分かるようになってきました。

2クール目の放射線治療は、2回で終了。

これは、あまり放射線を当て過ぎても
かえって正常組織まで壊してしまう事になり、
本末転倒なことになってしまうからです。

今後は、キキの状態を見ながら、
放射線治療自体を行うのかどうか、という見極めを
していくことになります。

もし、放射線治療を行わない、と判断されるとなると、
もう治療のすべが無い、という宣告をされたことになります。

今は、放射線で少しでも腫瘍が小さくなってくれれば。。。
という可能性にすがっているような状態なので、
何とか続けられるように祈る他はありません。



キキの方は、食事の際に辛そうな仕草をする事が増えてきました。
これまでも稀にはあったのですが、
ここ数日は食事のたびに、という感じです。

また、口の中からの出血も増えてきてしまいました。

お医者さんの診断では、口の中が化膿していて、
そのせいかも?ということなのですが、
いずれにしても化膿や出血など、キキの体力を
消耗させる要素は少ないに越した事はないのですが。。。



* * *



実は、キキの寿命は、あと「2ヵ月」と言われています。

しかも、これを言われたのが、1ヵ月くらい前の事。

「扁平上皮癌」という腫瘍はかなり成長速度が早く、
大抵の場合は発見してからあっという間に大きくなってしまい、
手術する事すら出来ずに、平均2ヵ月あまりで
命を落としてしまう。。。という統計があるそうです。

キキの場合、発見が去年の9月下旬だったので、
それからもう半年以上は経過しています。

そして、10月下旬に手術をした後、
再発が見つかったのが1月の上旬で、
そこからさらに2ヵ月が過ぎようとしています。

先ほどの「平均2ヵ月」というのから考えると、
キキはとても頑張っている、というのが
お医者さんの見解です。

そんなこともあり、「キキだけは他の例とは違って、
何だかうまい方向に進んでくれるんじゃないか???」
と、心のどこかで根拠の無い期待を抱いてしまいます。

きっと、同じような立場に会われているどなたも、
そう思うのでしょうけど。。。



* * *



状態のいい時の、スヤスヤと眠るキキ。

こういう姿を見ていると、本当に病気の事が嘘のようです。

DSCF4267.jpg
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

あれから1年、そしてこれから
あれから、1年が経ちました。

今日は、恐らくあちこちで追悼のイベントが開かれ、
テレビでも特集番組が一日中流れていました。

願わくば。。。

2年、5年、10年、そして20年が経っても。

皆が同じように被災地に思いを馳せる世の中でありますように。。。


* * *


キキの闘病生活が始まったのも、1年前の3月末からでした。

最初は、肝臓、そして心臓、血栓症。

それらの病気とともに生きていく覚悟を決めつつあった矢先に、
今度は悪性腫瘍の発見、手術。

これまでこれといった病気にかかったことのないキキにとっては、
めまぐるしく状況が変化する、ジェットコースターのような1年間でした。

そして闘病の日々は、2年目に突入していきます。


* * *


大学病院での治療の方は、先日、2クール目の放射線治療に入りました。

あごの下に再発した腫瘍は、やはり日に日に大きくなってきています。

「扁平上皮癌」という名前の腫瘍の特徴、先生の所見、
それぞれあまりいい材料の見つからない状況です。

唯一、救いともいえるのが、先日も書いたとおり、
キキが本当に元気に生活している、ということです。
(食事が大変そうなのは仕方が無いにしても。)

本当に、今のこの日々が、1日でも長く続きますように。。。



<病院へ連行されるキキ>


DSCF4053.jpg

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。