トップへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線治療、開始
キキに、腫瘍の再発が見つかってしまいました。


DSCF3865s.jpg



ある程度、その可能性は覚悟していたとは言え、
知らせを聞いた時にはさすがに目の前が暗くなりました。


大学病院での見立てでは、再び外科手術しても
奥の方に入り込んだ腫瘍は取り切る事が出来ず、
結局また大きくなってしまう、とのことで、
放射線治療を行う事にしました。

と言っても、放射線では腫瘍が完全に消えてなくなる訳ではなく、
どれくらい小さくなってくれるか、という効果を期待するもので、
根治を目指すことにはなりません。

キキの、どれくらいの年月になるのか、残りの人生は、
腫瘍とともに生きていくことが宣告されたようなものでした。。。



ですが、それほど落ち込んだり、
絶望したりしている訳ではありません。

キキのここ数ヶ月の間の生活の質は、
去年の10月に外科手術をする前に比べたら、
下顎がない苦労はあるにしても、格段に良い状態にあります。

これは本当に、手術前のキキの酷い状態を思えば、
信じられないくらいです。

この質を維持したまま、出来る限り時間を引き延ばしていくべく、
最善を尽くしていく。。。

どんなネコにも(もちろんヒトにも)、
残り時間というものがあることは変わりがなく、
それを長く、いい状態で過ごせるように、と努める事は、
腫瘍があろうが無かろうが、関係ない訳ですから。


* * *


1/19(木)に、第1回目の放射線治療を行ってきました。

放射線治療は、毎週1回ずつ、計4回を1セットで行い、
その後の効果を見ながら、それを何セットか繰り返す、
という感じで進めていきます。

放射線照射の悪影響と言うのも、今のところは見られません。
(と言っても、まだ1回だけなので何とも言えませんが。)

キキは、元気です。^^

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

後期高齢ネコ
しばらく忙しくて、なかなか記事を書けませんでした。
心配してくださった方、すみませんでした。

キキは比較的、元気です。

「比較的」というのは、まあいろいろありまして。。。


腫瘍の手術跡の方は、とりあえず安定しているようです。

一時期、手術跡が盛り上がってきて、
「再発か!?」と心配しながら経過を見守っていたのですが、
だんだんとそれも小さくなり、消えてしまいました。

ただ、手術前の時点で大学の先生からも
「再発の可能性はかなり高い事は覚悟しておいてください。」
とも言われているので、今後も注意深く
見守って行く必要はあります。


それから、元々心臓の方の心配もあったので、
大学の循環器科でもいろいろと調べてもらいました。

その結果。。。

どうやら胆石が出来ていること。
それから網膜にも異常があるかもしれない、
ということがわかりました。

胆石の方は、特に緊急性があるわけではなく、
網膜の方も、詳しく調べてみないと何とも言えない、
という事なのですが。。。

肝臓に始まり、心臓、悪性腫瘍。
そして今度は胆石に網膜。

キキももうすぐヒトで言うところの後期高齢ネコ。
いろいろと体の不具合が発生してしまうものです。


そんなこんなで、飼い主の心配のタネは尽きませんが、
当の本人は相変わらずのんびりと暮らしています。


↓ ハンモックに顔を埋めて寝ている、の図。


IMGP6722.jpg

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

軽く状況報告
キキのその後の状況を軽くお知らせします。


見た目は、ずいぶん元気になりました。

食欲も旺盛で、盛んにご飯をねだります。

ただ、あまりうまく食べることが出来ないのか、
食事量自体はそれほどではありません。

ねだっては少し食べ、またねだっては少し、と言う感じです。

体重も、とうとう5kgを切ってしまい、4.95kgでした。

抱っこしても、軽くなったなあ。。。って実感があります。

大体の体重の推移を描くと、

病気をする前:6.6~7kg

肝臓の病気後:5.6~8kg

腫瘍手術後:4.95kg

という具合です。

ただ体重は減っていはいますが、本人自体が
いたって元気なので、あまり心配することも無いのかな、
と言った感じです。



DSCF2948s.jpg


うーん、残念ながらそれは無いな。

キキが3枚目キャラじゃないと、記事が書けないし。。。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

おかえり、キキ
金曜日、キキが退院してきました。


DSCF2824.jpg



まだ、エリザベスカラーをつけたまんまです。


傷口からは血が出続けていて、
ピンク色のよだれが止まらないので、
ガーゼ代わりのキッチンペーパーを
あごの下に敷いています。


退院して間もない頃は、
歩くとふらついたり、寒いのか時々震えていたり、
寝てる時も安眠という感じではなかったので、
心配なのでつきっきりで見守っていました。


今日になると、ずいぶん調子も良くなってきたようで、
あちこちうろついてみたり、
ツメとぎしてみたり、
人の食べてる物をほしがってみたり、
と、いつものキキみたいになってきました。


調子がいいときには、
ベランダにも出たがってみたり。


DSCF2815.jpg





ネコタワーにも登りたがります。

ただ、エリザベスカラーがあっちこっちに引っかかって、
その度に落っこちそうになるので、
危なっかしくて仕方ありません。


DSCF2820.jpg




。。。食べるのはやっぱり、苦労してます。

こればかりは、時間をかけて、少しずつ慣れていってもらわないと。



と、こんな形で、新たなキキとの生活がスタートです。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

キキの手術 ~大学病院での一日~
手術当日の朝。

キキの心臓が麻酔に耐えられるかどうかの検査が、
循環器科の先生によって行われた。

その結果、
「麻酔のリスクはあるけど、手術、しましょう。」
ということになった。

ただ、まだ麻酔をかけた後の精密検査により、
切除不能、放射線治療に切り替える、という可能性もある。

麻酔時間を出来るだけ短くするために、
手術と放射線治療、方針が決まったらすぐに対応出来るようにしたい、
という先生の配慮もあり、
両方の施設を確保可能なこの日の手術予定の一番最後に
キキの手術を行うことになった。

それまでは、待機となった。


* * *


14時開始、と聞かされていた手術開始予定まで
待合室でじっと待っていると、
「今から麻酔をかけます。」との案内があった。

放射線治療だと効果はあまり高くない、と聞かされていたので、
どうか、手術出来るとの判断結果がでますように。。。

と、祈りながら待つこと約30分。

「手術できます。今から手術が始まります。」
と、先生の一人から伝えられた。

手術着に着替え、手術室を見下ろす見学室に入ると、
手術台の上には、既に麻酔が効いて、
仰向けに寝かせられたキキの後ろ足が、
体にかけられたシーツからはみ出ているのが見下ろせた。

やがてそれも、上からさらに大きなシーツがかけられて見えなくなり、
シーツの丸い穴から、キキの小さな下顎だけが覗くようになっていた。

手術台の周りには様々な器具が並べられていて、
10人位の先生たちが慌ただしくそれぞれの準備をしている。

シーツの穴から覗いている下顎は、小さな白いキバも見え、
確かにそれはキキのものだったけど、妙に現実感を伴わない光景だった。

しかし手術が始まり、メスが入れられ、淀みなく手術が進んでいくと、
今、キキの身に起きていることを思い、涙がどうしようもなく溢れ、
紙マスクの中は鼻水の洪水となり、苦しくて仕方なかった。

見学室に置かれたモニターには、手術の様子が詳細に映し出されていた。
口の中の構造は思っていた以上に複雑で、そう簡単な手術ではない、
ということを思い知らされた。

腫瘍は既に顎の骨をも侵食していて、左側の2/3、
右側の1/3ほどの骨も一緒に切り取って手術は進む。

やがて、キキの下顎に巣食っていた大きな赤黒い腫瘍の塊が、
小さなキバもろとも切り離され、
執刀医の先生の手から別の先生の手に渡った。

もう、後戻りできない。

喜ぶべきことなのに、何故かそう思った。

そこからさらに、複雑で繊細な手術が続いていった。
閉じる方が、開いていくよりも、何倍も難しい作業に思えた。


* * *


手術中はずっと、心電図の音が、見学室にも鳴り響いていた。

麻酔が心臓に掛ける負担はかなり大きい、
と事前に説明されていたため、
定期的な心音のリズムが少し狂ったりするたびに、
ハッとして先生達の様子を凝視し、
特に慌てた様子がない事を確認してから、
また手術の進行に集中していった。


* * *


1時間はかからない、という事前の説明をほんの少し超えて、
手術開始からちょうど1時間が過ぎたころに手術は終了した。

終わった直後の手術室から、一人の先生が見学室に駆け上がってきて、
「今から先生からの説明がありますので。」と伝えてくれた。

手術室へ降りていくと、執刀医の先生が
「手術は予定通り、順調に終わりました。」
と言い、切り取った腫瘍や、キキの口を見せながら、
どこをどう処置したのか、簡潔に説明してくれた。

シーツは既に外されていて、キキはまだ麻酔でくったりと横たわっていたが、
久しぶりに姿を目にして、ああ、キキはまだそこに生きている、と思った。


* * *


約30分後、キキが麻酔から覚めたとの連絡で、診察室に会いに行くと、
診察台の上には、麻酔で瞳孔が開いてまん丸お目目のキキが、
先生に抱えられるようにしていた。

手術室で見ていた通り、キキの下顎は短くなっていて、舌がだらんと、
夏の日の犬のように出されていた。
ただ、舌が時々出たり引っ込んだりしていたので、舌を動かす筋肉が
無事に残されていることは確認できた。

麻酔と痛み止めで多少意識が混乱気味なのか、ちょっと挙動不審な感じ。
でも先生が「やっぱり飼い主さんがわかるんですねー」と言っていたので、
こちらのことは何とか理解しているみたいだった。

おでこをカリカリしてあげると、
ちょっと嬉しそうに目を細めるキキ。

よくがんばったね、キキ。

そういって頭を撫で、部屋を後にした。


* * *


キキの退院は、明日10/28となった。

楽しみと不安でドキドキしながら、キキを待っていよう。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

手術結果(速報)
本日(10/26)、キキの手術を行いました。

結果としては、無事、手術成功!です。

術前には、手術自体が出来るのかどうか心配されていましたが、
事前診察の結果、麻酔での危険性もクリアでき、
腫瘍の範囲も、ギリギリ切除できる範囲にとどまっていました。

心配、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

手術後、麻酔から覚めたキキにも会う事が出来ました。
まだ意識は混乱しているみたいでしたが、
元気そうにはしていました。

手術にも立ち会い、一部始終を見てきました。
詳しい事はまた後日、書きたいと思います。


* * *


下顎がなくなったキキとの生活が一体どうなるのか。。。とか、
再発の可能性がどれくらい高いのか。。。とか、
まだまだ不安な事は残っていますが、
それらは追々考えて行けばいいこと。

とりあえず今日は、キキの手術成功を喜びたいと思います!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

大学病院での検査(10/20)
10/20(木)、大学病院の検査を受けてきた。


腫瘍や心臓の状態、血液、尿検査と、多方面からの検査の結果、
来週水曜日、10/26(水)に手術を行う、という事で決定した。

ただ、キキが14歳という高齢であること、
また心臓に不安を抱える状態でもあることから、
手術前に循環器系の専門の先生に、
長時間の麻酔に耐えられる状態かどうか判断してもらってから、
という条件付きの検査結果ではある。


どうか、キキの心臓が手術に耐えられる状態でありますように。。。


それと、当日、麻酔をかけてからの精密検査の結果次第では、
外科手術ではなく、放射線治療に切り替える、
という可能性もまだ残っている。

切除する範囲が、舌を動かす筋肉にまで及んでしまう場合、
自力では全く食事をする事が出来なくなってしまう。。。
そうなると、手術後の生活の質が保てなくなってしまうため、
飼い主側との相談の上、治療方針を変える事もある、とのこと。


まだまだ、当日を迎えるまではどうなるか分からない。


* * *


そんな訳で、20日の検査後、即入院・手術か!?
と思っていたキキだけど、いったんお家に帰ってきた。

この土日は、思う存分甘えさせてあげるつもり。


* * *


キラキラキキ写真。

これは9月上旬の写真。


DSCF2409.jpg


この頃には既に、口の中で腫瘍が育っていたんだなあ。。。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

状況:10月18日
あさって20日、ようやく大学病院での検査の日がやってくる。

20日の時点では、まず検査を行う予定で、
いつ手術となるかは未定の状態。

というか、手術するのか?ということ自体が、検査結果で決まる。

「手術しない」という選択肢もありうるわけで、その場合は一体、
その後をどのように過ごしていくことになるのか。。。

仮に「手術する」となっても、下顎のどれくらいが無くなってしまうのか、
またその状態での生活って一体、どのようになるのか。。。

いずれにしても、20日は重たい宣告を受けることには変わりがない。


* * *


腫瘍は、ずいぶん大きくなってしまった。
キキ的にも、もう限界みたい。

出血は常にしているようになったし、
腫瘍自体が口の中でとてもジャマで違和感があるらしく、
しょっちゅう手で「これ取っちゃいたいなり~!」
って感じにごしごししている。

見ている方としても、とても辛い。

20日の検査まで、とても長かったのも確かだけど、
逆に検査の日があと数日遅かったら。。。と思うと、
最低限の運は残っていたのかもしれない。


* * *


20日の検査後、恐らくそのまま入院となるはずで、
手術となれば数週間は家には帰れない、という話。

それまでの短い間だけど、出来るだけ一緒にいてあげたいし、
出来るだけ甘えさせてあげたい。


それから、これまで親身にキキの診察をしてくださった、
H動物病院のM先生、本当にありがとうございました。

しばらく大学病院でキキを見てもらう事になりますが、
無事に退院出来たら、またお世話になりたいと思いますので、
よろしくお願いします。
(ってこのブログは見ていないと思いますが。)


* * *


またまた過去写真から。

箱の中から、ちょうだいちょうだいするキキ。


DSCF2317.jpg

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。